新築住宅Nさま(米沢市)

新築住宅Nさま(米沢市)

こんにちは。

くらしとるるるの企画・運営を担当しているイグニスの神田です。

今回、相田建設さんのR+houseという住宅商品で、理想の新築住宅を叶えたNさんをインタビューしました。

スタイリッシュな外装
白を基調とした明るい土間

新築住宅を建てようと思うと、何から始めればいいのか分からない点が多々ありますよね。永く愛せるこれからの暮らしを、どのように叶えて行ったのでしょうか。

まずは、どのようなきっかけが、あったのか伺いました。

築50年ぐらいの2階建ての家に住んでいたんです。冬の雪下ろしとか、廊下に物があったりとか、使っていない部屋が5つぐらいあったりと、とても住みにくいというところがあったんですよね。

家を建てたいと思っていたときに、知り合いが平家を建てたと聞いて見学にいったんですよ。

本当に生活に必要なくらいのコンパクトなスペースで、とても快適だなと思って。そこでいろいろ話を聞いて、金額的にも建てられるとアドバイスをいただいたのがきっかけでしたね。

その後、相田建設さんに訪れ、建築家が設計した平屋のR+houseモデルハウスを見学しに行ったと言います。

モデルハウスで、気密性や断熱性など、住宅の性能について教えてもらったんですよね。モデルハウスを見に行ったことが、結構決め手としては大きかったです。

マイホームをつくるうえで、実物の家を実体験できるモデルハウス見学は欠かせません。ご自身の望む広さや高さなどを、より具体的に体感することができます。

また、モデルハウスで得られた情報を基に、家づくりの比較検討をすることができるので、理想の暮らしを具体的にイメージできるようになるでしょう。

実際の打ち合わせは、どのように進んだのでしょうか。

間取りをどうしたいかの話よりも、自分がどういう暮らしがしたいかの話でしたね。

帰ってくる時間だったり、出勤する時間だったり、休みは何をして過ごしているかとか、日常的な暮らしからだったんですよね。

ほとんど、私がこうしてほしいなっていう希望を全部盛り込んでくれました。

「何をしたいか?」ではなく「なぜしたいか?」本当に大切にしていることを空間に反映する。それが、想いをカタチにした家づくりなのでしょう。

図面を見て、即決だったと言います。即決できた所以を伺いました。

新築の立体的な模型を持ってきてくれるんですよね。平面図だと仕切りだったり、壁の位置だったり高さや部屋の奥行きが分かんないんですよね。

立体的だったので、自分のこれから暮らしを具体的にイメージできましたね。

例えば、懐中電灯を利用して、お昼だとこっち側が明るいんだなとか。どの辺から光が入るのかも分かるんですよね。

打合せ時の設計模型を拝見

土間でつながる平屋。

ちょっとした来客があった時、土間で靴を履いたまま「団らんの場」として会話を楽しむことができます。

さまざまなこだわりは、どれも自らが体験したものでした。

県外の知り合いの家に土間と薪ストーブがあって、いいなと憧れがありました。

玄関から土間

前の家では広縁や廊下が無駄だと思っていたので、リビングは仕切りをつくらず、空間が広々と感じるワンルームにしました。

リゾートような暮らし
開放感のあるリビング

自分時間を満喫できるインテリア。

休日や家事の隙間時間に、自分の好きなことに没頭できるスペースがあれば、暮らしの中に楽しみが生まれ、日々に彩りを与えます。

音楽を聴くことや本を読むのが好きだったので、好きなものに囲まれて暮らしができるように、空間を設計してもらいました。

こだわりのインテリア

家事動線が最適化されたストレスフリーなライフスタイル。

洗面所、お風呂場、トイレの水回りが一直線につながった設計になっています。家事の負担や時短につながり、暮らしを便利にします。

温度差を作らない家づくり。

お風呂場や寝室などどうしても家の中で、温度差ができてしまいます。高気密高断熱の設計は、夏は涼しく、冬は暖かい「温度のバリアフリー」を実現できます。

造作の洗面台
内装材も好きをセレクト

ペットストーブとエアコン1台を調整しながら利用してどこにいても暖かく、今までのこの部屋が寒いとかがなくなりましたね。

最後に、家づくりのアドバイスを伺いました。

重要なのは、最初のメーカーさん選びだと思います。相田建設さんは、家ができた後も、何かトラブルがあるとすぐ駆けつけてくれるので感動してますね。現場監督さんも、見回りに来てくれるんです。

例えば、家を建てたら終わりっていうメーカーさんをあると思うんですけど、責任持って対応してくれるので安心してます。

もしかしたら、大切なのは「何を建てるか、ではなく、誰と建てるか」かもしれません。

少しでも、今後の暮らしの参考になれば幸いです。